わかりやすい!車検の厳選6サイト

あなたはどこを基準にして車の整備をお願いするか

車検は車が最低限の状態を維持できて公道を走行できる基準に達してるかを確認するための検査です。その検査を受けるには自分で整備できる人以外はどこかの整備工場にお願いすることになります。さてその整備工場で検査してもらうにはいろんな視点で比較する必要があります。

その整備工場の比較ではまず最初に価格面が気になるところとなります。けど整備で重要なのは単に価格だけではなくて整備の品質も気になるところです。また車の整備時間そのものもせっかちな人にとっては大事な項目になります。

そこでこのサイトでは車検の比較を整備価格、整備の品質、整備する時間などに分類して掲載しています。そしてそれと同時に車検で用意するべきものや検査する項目はどこなのかといった基礎的知識や車検の裏側情報なども掲載していますので気になる場合は参考にしてみてください。

ホリデー車検

ホリデー車検は格安料金で車検を通すことが出来ます。平均相場よりも確実に安いので、ディーラーで車検を通すよりも経済的です。数万円も安くなる場合もあるので、興味がある人はホリデー車検で見積もると良いでしょう。

ホリデー車検では立ち会い車検を行っています。不良があればその場で直接説明をしてもらえるので、車の状態をしっかりと理解出来ます。部品交換などの必要性も実物をみながらの説明なので分かりやすくてオススメできます。

ホリデー車検はいろんなキャンペーンを実施しています。キャッシュバックやプレゼントなど当選したらうれしいですね。公式サイトからキャンペーンの内容を確認することが出来ます。見逃したら損なので是非チェックしましょう。

今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ!キャンペーン実施中!

イエローハット

イエローハットは全国チェーン店となっており、車検までの期間があまりないという場合でも、迅速に対応してもらうことができます。電話やウェブでの問い合わせの際にも素早く対応してもらうことができるようになっています。

車検に関する相談はもちろんのこと、見積もりも電話やウェブサイトから行うことができ、見積もりも全て無料になっています。見積もり内容もしっかりわかりやすく教えてもらうことができるので、納得できてから依頼することかできます。

イエローハットで車検を受けた後には、二年間という長期の安心保証があるのも大きな特徴です。回数も無制限となっており、走行距離や修理の金額に関係なく対応してもらうことができるという、アフターサポートの充実性の高さが伺えます。

カーコン車検

カーコン車検は車検がリーズナブルということが大きな特徴です。しかしただ安いだけではなく、立会い診断で内容もわかりやすく教えてもらうことかでき、納得できてから車検の依頼をするか決められるので安心できます。

事前の見積もりも完全に無料となっており、見積書も内容が明確になっているので不明な料金で悩むことにもなりません。わからないことがあり質問をした際にも、知識の豊富なスタッフが丁寧に応えてくれるので安心です。

自賠責保険証や自動車税納税証明書、印鑑や車検証といった車検に必要となる最低限の必要書類を準備すれば良いだけなので手間もかかりません。アフターフォローも充実しているので、安心して車検を任せることができます。

コバック

自動車を保有しますと定期的に車検を行う必要が有りますが、より安い価格で車検を実施する際にはコバックの利用がお勧めです。ここでは低価格保証システムが有りまして、同等の車検内容でコバックより安い見積書を提示しますと更に安い料金で車検を行えます。

またコバックはインターネットで車検の無料見積りや簡単予約を24時間いつでも行う事が可能ですので、とても便利に利用出来ます。そして各種問合せについてもメールにて24時間受付け対応していますのでお勧めです。

車検のコバックは全国に店舗をチェーン展開していますので、自宅から近い店舗を選定して利用する事が出来ます。また車検料金は全車種一律の低価格となっていますので安心です。

車検館

車検館なら、安心して車検を依頼する事が出来ます。こちらの業者さんなら、確定見積をする事で、追加料金が発生しません。また、国家資格検査員がその場で検査をしてくれるので最短で45分で完成します。また、安心の整備保証があるので安心して任せる事が出来ます。

それから車検館なら、自動車保険の事を相談したい方や、住所変更で相談をしたい方も、安心して任せる事が出来ます。こちらの業者さんなら、車の事、保険の事、書類の事をサポートしてくれます。そのためちょっとしたことでも気軽に相談をする事が出来ます。

また、車検館ならメンテナンス内容も豊富にあります。車検や点検だけでなく、コーティングや撥水洗車、タイヤやホイールの事、それからガラスリペアなども行ってくれます。また、室内清掃や抗菌消臭処理なども行ってくれるので便利です。

日産

乗用車は耐久性が無ければ故障の原因になってしまいます。日産では1か月前から車検が受けられますし、最適な点検や整備を実施しているので、アフターフォローも充実しています。点検をするときは、基本性能もチェックします。

車検にかかる費用は分かりやすく計算をします。乗用車の状態によって、必要となる費用が異なる可能性があるので、車検を受ける前はインターネットで情報収集をしてください。お得にサービスが受けられるようにパック料金になっていることもあります。

インターネットからアフターフォローを受けるときは、メンテナンスもプランのなかに含まれています。また、日産の店舗がすぐに分かるように郵便番号から検索できるので見つけやすいです。

ディーラー車検を少しでも安くするなら3月の決算期が狙い目に

安心が高そうだからディーラーで車検を検討はするものの、費用面の高さが気になる場合、どうにかして安く済ませたいと考えます。単純に安くする方法を考えれば、整備をする項目を減らしてしまえば、それだけ安くはできますが、整備項目を減らすことへのデメリットも隣り合わせです。ですからもっと簡単にディーラー車検費用を、できるだけ安くしようとするのであれば、ディーラーへ車検へ出すタイミングを考えるのが良い方法になります。ディーラーは基本的に自動車販売をして売り上げを上げていますが、新車だとその販売の目標をきめて、セールスマンたちは新車を売ることになっていますから、販売売り上げ目標が必ずあるのが新車です。そこでセールスマンが目をつけるのが車検であり、車検で新規顧客を集客して車の販売にもつなげる方法であり、車検連絡は新車販売のための営業でもあります。特に3月には決算期を迎えますので、少しでもセールスマンは売り上げアップをしなければならず、車検に関しても待遇されやすいです。

自動車に乗り始めると必ず訪れるのが車検の時期であり、車検は町の整備工場に依頼をすることもできます。町の整備工場というとピンと来ないかもしれないですが、何とかモータースだとかなんとか整備工場など、運転をしていると目に入る看板がそれです。点検整備に関しては割高なディーラー車検よりも、かなり費用面では安い設定ですし、点検整備に関しては小回りもききます。持ち込む車の種類に関しても、自動車のメーカーにしてみても、特に指定はありませんので、対応が柔軟で車検の利用もしやすいです。ですが整備工場は全国展開をするようなチェーン店ではないですから、その整備工場のやり方などもあり、その整備工場のことを全く知らないと、選ぶときの見極めは迷います。丁寧な車検をきちんとしてくれて、費用面も安いので利用にしやすさはあるのが、町の整備工場です。

いつから車検は受けられるのかに関しては、車検の満了日ひと月前からであり、1ヵ月前から受けられるので、早めに出して終わらせてしまうことです。車検はいつまでに受けて終わらせなければならない期限付きではあるものの、車検自体は年間を通して、様々な指定工場や民間車検上で受け付けはしています。ある程度のお金がかかるので、時期が来なければ誰も車検へ出そうとはしませんが、車検を受けて次の月に、また車検を受けても一向に構いません。すでに車検で点検をして合格をしていて、翌週にまた車検を受けても平気ではありますが、車検の有効期限は2年間ですので、時期を考えて受けるのが良い方法です。だからといって車検有効期限ぎりぎりだと、なかなか予約が取れないことあるので、早めに受けて終わらせます。